東京オリンピックまでに英語をマスター

男女

プロジェクト2020はサチン・チョードリーさんが、2020年の東京オリンピックまでに一人でも多くの英語をマスターしてもらうことを目的にしたプロジェクトです。スポーツ選手からスタッフ、さらに観光客と全世界から数百万人と訪れると言われている東京オリンピックでは、当然のことながら日本語を話せない人が急激に増えます。飲食店やホテルの従業員だけでなく、街を歩いていれば外国人に接することも増えますが、そのときのコミュニケーションとして使われるのが英語です。でも、日本人の多くは英語を不得意としています。このままではトラブルが多発する可能性があるため、プロジェクト2020を立ち上げたわけです。ただ、一言で英語と言っても各国で微妙に違っているため、それがコミュニケーションの妨げになるケースもあります。そこでプロジェクト2020ではグロービッシュと言われる各国でも共通して使える英語をメインに教えているのです。しかも、難しい英文法を教えるのではなく、外国人観光客に対して使える簡単なものを中心にしているため、非常に簡単にマスターしやすいのが特徴です。これをマスターしておけば、日本に来る外国人に対してだけでなく、海外旅行した先でも使えるようになるため多くの人々が利用しています。東京オリンピックまでに一人でも多くの人がマスターできることを目的としているため、費用もゼロとなっているのも人気を集めている理由の一つとなっています。

通信料にはご注意

生徒と先生

プロジェクト2020は東京オリンピックまで英語を話せる人を増やすことを目的としているため、利用者は費用がほとんどかかりません。メルマガ登録をすれば、自動的に英語教材となる動画が送られてそれを視聴するだけなので、登録などでは無料です。追加料金などが発生することもありませんが、費用に関して一つ気を付けるべきは通信料です。また、パソコンでも利用することができますが、パソコン・スマートフォンにかかる通信料は当然利用者が負担することとなります。特にスマートフォンでは、データ量の多い動画となるため、ダウンロードするときはWiFiが対応できる場所で利用した方が良いでしょう。もしも、WiFi以外で利用するとデータ使用量の上限がすぐに一杯になってしまう可能性もあるため、気を付けなくてはなりません。そこさえ気を付ければ、外出先でも動画をチェックすることができるため、効率的に英語をマスターしていくことができるでしょう。

広告募集中